HOME

>

商品紹介

  >

システム管理された健康住宅

システム管理された健康住宅

システム管理された健康住宅 イメージ 省エネの秘密とは

エアコンの設定温度が控えめでも、「快適なまま、省エネで、賢く節電ができる!」といった事をすべてシステムが制御する住宅。
それが、システム管理された健康住宅です。そんな事が実現できる仕組みをご説明致します。
健康住宅の特徴として、高気密・高断熱という構造で設計されるのが常識ですが、「閉じる」工夫に長けた住まいには、換気という「開ける」工夫が欠かせません。
快適な室温や湿度を保ったまま、家中をいつも新鮮な空気に入れ換える・・。
大昇が提案する設備「全館調湿・換気ユニット」”DESICA”が、そんな爽快な毎日を実現致します。

DESICAの特徴

1.屋外から取り込んだ新鮮な空気を快適な湿度に整えて室内へ送り込みます。
1.屋外から取り込んだ新鮮な空気を快適な湿度に整えて室内へ送り込みます。 イメージ
2.冬は暖かく、夏は快適!

高原のような空気環境が実現!
高気密・高断熱の住まいを湿度や温度の調節をしながら家中まるごと換気します。
だから、夏は爽やかに、冬は乾燥や結露を抑えて暖かく過ごす事ができるのです。

2.冬は暖かく、夏は快適! イメージ
3.「除湿」・「加湿」・「空気清浄」・「換気」をシステムが管理。

24時間・365日、快適な住環境をお約束します。

3.「除湿」・「加湿」・「空気清浄」・「換気」をシステムが管理。 イメージ
健康な家の定義

大昇が考える健康な家の定義とは、「省エネ」・「健康」・「長持ちする家」
この3つの条件が揃って初めて、弊社では本物の「健康住宅」であると考えます。

省エネ=電気代を抑えて快適な空間を創り出す

これには、システムの導入費用が必要なため初期投資が必要にはなりますが、家は一生住み続けるもの。
しかも「3世代に渡り受け継いでいく家」というのが大昇のコンセプトであるため、長い目でみれば光熱費が大幅に抑えられ、結果、お得になるのです。

健康=室内の空気がいつもきれいで、住む人も、家も、どちらも健康でいられるのが特徴です。

近年、シックハウス症候群という言葉をよく耳にする事もあるかと思いますが、シックハウス症候群とは、住宅の高気密・高断熱化が進むことにより、新建材と呼ばれる化学物質を含んだ建設資材を使用する事により、室内の空気が化学物質などに汚染され、そこに住む人の健康に悪影響を与えてしまうようになってしまう現象の事を指します。

大昇が考える健康な住宅とは・・

建材が持つ本来の良さを活かし、人に優しい家づくりを目指し、結果、誰からも愛される家をご提供する。
「この信念を頑固なくらい貫きたい!」そういう想いで、日々仕事をしております。
だから、安心して何でもご相談下さい。

長持ちする家=省エネ設備を導入し、室内がいつもきれいでも・・・長持ちする構造でなければ意味がないと考えます

大昇のコンセプトである「3世代に渡り受け継いでいく家」を建築するためには、建物の構造自体が頑丈で、丈夫である事が絶対条件となります!
親から子、子から孫へと引き継がれる家。
それが大昇の原点であり、お客様に心底喜んでいただける「家」のあるべき姿だと私達は考えます。

システム管理された健康・省エネ住宅が長持ちする理由

システム管理された健康・省エネ住宅が長持ちする理由は、ズバリ、木工住宅の常識を超える新工法にあります。
大昇が自信をもって提案する技術、それが木造耐震住宅工法「テクノストラクチャ」です。

木造耐震住宅工法テクノストラクチャとは、災害や経年劣化によってたわみやすい梁。そこに鉄を入れて補強したのがテクノビームという、パナソニックオリジナルのハイブリッド梁です。テクノストラクチャーの家では、このテクノビームを使い、さらにプランの段階で一棟ごとに構造計算を実施、地震などの災害に対する強度を確保した上で家づくりを行っています。

震度7にも耐えうる構造、構造計算に基づく高い品質と耐久性。
実際に建てた家を振動台にかける実験で、震度7でも構造体の損傷・変形はなく、5回の激震にも十分耐える構造強度であることが確認されました。